自由空間エスティマハイブリッド
世話人への苦言、提言 掲示板
旧来の掲示板
11 / 17 ツリー ←次へ | 前へ→

チームマイナス6%の取り組みに関しまして PA 07/4/10(火) 15:23
ご提案ありがとうございます イヤミ 07/4/12(木) 13:12

チームマイナス6%の取り組みに関しまして
 PA E-MAIL  - 07/4/10(火) 15:23 -

引用なし
パスワード
   イヤミさんこんにちは
いつも有意義な情報ありがとうございます。
さて、積極的に取り組んでおられるチームマイナス6%についてですが、私も車を利用しますし、子供もおりますので、次代につけをまわさないようにいろいろ考えておりましたが、私なりに感じたことがありましたので投稿させていただきます。


私の住んでいるところは奈良の田舎で、公共交通機関がほとんどありませんので、車を一人一台所有している家庭が多く見られる地域です。面積が広いので、スーパー等に行きますにも往復30キロは走ることになり、仕方なく走行距離も増え、緑は豊富ですがガソリン消費はかなり多いと思います。

ある日、従業員の車を見ていたところ、何となく空気圧が低く感じ、タイヤショップでチェックしたところ1キロも入っていませんでした。規定の空気圧にして、しばらくすると従業員から燃費がリッターあたり3kmほど良くなったとのことで、空気圧の重要性を再認識すると共に、他の車を10台ほど順次確認したところ、何と全ての車で量の差はあれど、規定の空気圧は入っていませんでした。私は空気圧をまめに見る方ではありませんので、半年に1回程度規定空気圧の+0.3ほど高くするようにしていましたので、他の車を全て同じように規定値+0.2にするようにしたところ、全車で大なり小なり燃費向上が見られました。
それ以降気になって、大規模スーパーの駐車場などで、色々な車を注意してみていたところ、結構空気圧の低そうな車が散見され、そのドライバーは車に興味のなさそうな男性、女性やお年寄りが多く、車検やタイヤ交換時以外は空気圧の確認を全くしていない雰囲気です。

私はその時冗談抜きで、日本中の車の空気圧を規定値+0.2にすることが出来れば燃費を6%改善でき、マイナス6%を達成できるのではないかと思いました。
チームマイナス6%のような取り組みは、公共交通機関の利用や自動車の使用を控えるといった運動が多いのですが、私の地域では前述の通り難しいものがあります。

そこで、「タイヤの空気圧チェックキャンペーン」はどうでしょうか。

自由空間の皆さんは規定空気圧は当たり前だと思われると思いますが、現実に低空気圧車が結構走っていますし、本当に燃費の改善につながりますので、効果的なキャンペーンだと思うのですが。

他にも「不要な荷物を下ろす」「冬は曇りが取れたらAC OFF」なども効果があると思うのですが。


どのようにしてこのキャンペーンを展開していくのがよいか私にはわかりませんが、もし良い展開方法が見つかれば、すばらしい結果が出るように感じました。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)@p1046-ipbf09daianji.nara.ocn.ne.jp>

ご提案ありがとうございます
 イヤミ  - 07/4/12(木) 13:12 -

引用なし
パスワード
   PAさんこんにちは。 お世話になっております イヤミです。

>さて、積極的に取り組んでおられるチームマイナス6%についてですが、私も車を利用しますし、子供もおりますので、次代につけをまわさないようにいろいろ考えておりましたが、私なりに感じたことがありましたので投稿させていただきます。

ありがとうございます。
1997年に採択された京都議定書において、日本は6%の温室効果ガス削減を約束しましたが、2005年の温室効果ガス排出量は、京都議定書の基準年(1990年)よりも8.1%増加し、2006年では20%も増加したと聞いています。

一人一人は些細な事でも、多くの人の積み重ねは大きな効果を生みます。
私たち大人よりも次世代を担う子供たちの為に、私たちが利便性を謳歌した代償として、今、対策しなければならないギリギリの状況になっています。

>ある日、従業員の車を見ていたところ、何となく空気圧が低く感じ、タイヤショップでチェックしたところ1キロも入っていませんでした。規定の空気圧にして、しばらくすると従業員から燃費がリッターあたり3kmほど良くなったとのことで、空気圧の重要性を再認識すると共に、(以下省略)

空気圧は安全運転の面から大切なチェック要素ですが、気にしない方が多いようです。
反面、空気圧を「大幅アップ」して燃費追求するのは危険行為ですが、標準値プラスα程度で燃費向上につながる事は多くの方に知ってもらいたいですね。

>私はその時冗談抜きで、日本中の車の空気圧を規定値+0.2にすることが出来れば燃費を6%改善でき、マイナス6%を達成できるのではないかと思いました。

おっしゃる通りです。
京都議定書の約束、6%の温室効果ガス削減が全くできていないと言うより、現状では多くなっているのですから、気が付いた事を何でも行いPRしていかなければなりません。
そのことからも、ご提案いただいた「タイヤの空気圧チェックキャンペーン」を始めましょう。

実は、昨年の全国オフ会でJAFの講習会を予定していました。
日程変更から先方の都合がつかなくなり断念しましたが、講習内容は正に「エコ運転、タイヤの空気圧チェック」でした。

「できることから一つずつ」を合言葉に、「チームマイナス6%」専用掲示板を公開しますので、そのときはスレッドを上げることにご協力をお願いします。

自由空間ではこれまでも
 ■飲酒運転 しない させない 飲ませない キャンペーン
 ■後部席シートベルト 着用キャンペーン
を行ってきました。
これらも含めて、もっと目立つ場所にメニューを移動し、多くの賛同者で盛り上げていきましょう。

ご提案ありがとうございました。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322)@p3140-ipbf1405marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp>

11 / 17 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
14317
(SS)C-BOARD v3.8